安全な原料で作り上げた本物の味わい

ビスケット

お菓子の豆知識 その2 【ビスケット】

サクサクとした食感を楽しめるのがビスケット

 ビスケットはイギリスから伝わってきた焼き菓子ですが、フランス語で「2度焼く」という意味があるビスキュイ(biscuit)が由来となっています。もともとは軍隊や航海用の保存食として用いられており、保存性を高めるために数回焼くことが一般的であったということです。

 私たち日本人にとっては、ビスケットとクッキーは区別が難しいようにも思えるのではないでしょうか。両者とも小麦粉をメインの材料としてバターや砂糖、ショートニングなどを混ぜて焼いたお菓子ですが、糖分と脂肪分の割合が40%未満のものをビスケットとすることが全国ビスケット協会の公正競争規約に定められています。
 各国を見てみると、イギリスでは両者を特に区別することなく全てビスケットと呼んでおり、アメリカでは全てをクッキーと呼んでいます。アメリカでビスケットといえば、ケンタッキーフライドチキンのメニューにあるスコーンのような焼き菓子のことをいいます。

 サクサクとした食感を楽しめるビスケットは、糖分や脂肪分を控え気味にできる菓子としても、根強い人気を誇っているといって良いでしょう。

8101.png

TEL 042-395-6741 受付時間 9:00 - 17:00
[  土・日・祝日除く  ]

PAGETOP
Copyright © 栄光堂製菓株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.